周辺のイベント情報

Event in TOBE

坂村真民記念館 企画展

企画展「かなしみを あたためあって あるいてゆこう」

 

場 所: 坂村真民記念館

期 間: 2021年10月1日(金) ~ 2022年2月27日(日)

時 間: 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)

休館日: 月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

 

「かなしみをあたためあってあるいてゆこう」というのは、自分のかなしみ(悲しみ、哀しみ)を「あたためる」、つまり大切に育み、成長させていくということです。
また、自分だけではなく、『かなしみに暮れている人(友、同僚、愛する人等)』の『かなしみ』を自分のかなしみとして感じて、一緒にかなしむ、という意味が含まれています。
『かなしみに暮れている人』へ、ただ優しい言葉をかけ、慰めるのではなく、「一緒にかなしみ」、手を取り合って一緒に生きてゆくことを願っているのです。

今回の企画展は、この「坂村真民の生き方」の根底にある、「かなしみをあたためあってあるいてゆく」という真民の想いと真民詩の根底に流れる「悲しみ、苦しみながら生きている人へのエール」を共有し、皆さんと共に「これからの時代の生き方」を考える場として構成しました。

どうぞ、真民の「かなしみの詩」と「心安らぐ仏画」をゆっくりと鑑賞していただき、これからの人生においてそれぞれの方が、「かなしみをあたためあってあるいてゆく」生き方を自分なりに考えて、生きていって欲しいと願っております。

<開催趣旨より抜粋引用>

 

この機会にぜひ坂村真民さんの詩をご覧になってみてください。