協和酒造株式会社

hatsuyukihai.jp HOMEお問い合わせ
トピックス【藏だより】 商品紹介 「初雪盃」販売店 会社案内

会社案内:創業明治20年。地域に愛され続けた酒蔵です。

陶芸の里『砥部』に誕生

協和酒造の起源は砥部の酒蔵家越智氏が生み出した酒で、そこから酒造免許を明治20年10月25日譲り受けました。

創業時は『三谷酒造店』、その後『醸造元三谷酒店』として酒造りをしておりましたが、戦争の影響で昭和18年12月末日企業整備法により廃止工場となりました。

終戦後、昭和30年に酒造家4社が集まり合同で設立されたのが『協和酒造株式会社』です。

その時、合同銘柄として『黒松 初雪』の製造を開始し地元の方からは『初雪さん』と親しまれていました。

ところが商標登録不備により『黒松 初雪』の販売を停止。昭和46年に『初雪盃』として商標登録し現在に至っております。

『初雪盃』の名前は、日本人なら誰でも知っている、雪を冠って凛とそびえる霊峰富士に因んでいます。

 

昔ながらの酒造り

『初雪盃』は昔ながらの『槽しぼり』や『袋しぼり』にこだわった酒造りをしております。

ひとつひとつの作業を手作業で行うため時間と手間はかかりますがその分人の手でしか造れない奥行きのある味わい深い酒ができあがっています。

『大吟醸』『純米大吟醸』『吟醸』『蔵内原酒』『にごり酒』など、様々な日本酒を造っていますが、食中酒としてはもちろん、お酒だけでも楽しめるよう“旨味”や、しっかりとした“飲み応え”ある酒質を目指しております。

■社名
協和酒造株式会社
■所在地
〒791-2132
愛媛県伊予郡砥部町大南400番地
■TEL
089-962-2717
■FAX
089-962-7788
■創業
明治20年(1887年)
■会社設立
昭和30年(1955年)
■資本金
1,000万円
■営業内容
清酒、リキュール類の製造と販売
■代表者
代表取締役 三谷 勝彦(5代目)
■醸造直売元
<蔵元> 木曜日定休
TEL:089-962-6124


■交通アクセス
車:松山IC降りて国道33号線を久万・面河方面に約20分。
バス:伊予鉄道バス「断層口方面行き」バスで「砥部焼伝統産業会館前」下車徒歩5分。

ページTOPへ



Copyrights (c)KYOWA SHUZOU. All Rights Reserved.